遠視の眼のレーシック

遠視の眼のレーシック

レーシックは、老眼・乱視・遠視には効果が無いものなのでしょうか。レーシックをはじめ、視力の矯正手術のほとんどは、近視を対象としたものが大部分です。では、老眼・乱視・遠視の場合は、どうなのでしょうか。日本人の場合、視力が悪いというのは、イコール近視ということが圧倒的に多く、レーシックについても、結果的に、近視のケースの症例が多くなってしまうのです。近視に比べると、乱視・老眼・遠視の人が圧倒的に少ないので、症例が少なくなっているというわけです。

 

では、レーシックは、乱視や遠視、老眼に対応出来るのかどうかという点についてですが、乱視と遠視の場合は、矯正することが出来ますが、老眼の場合は、レーシックにより治療することは出来ません。老眼とは、ピントを合わせるために、厚さが変わる水晶体が柔軟性を失ってしまい、硬くなってしまう老化現象が問題です。そのため、レーシックにより、角膜の屈折方向を変えても、意味がありません。

 

レーシックは、近視だけではなく、使用しているエキシマレーザーの照射のパターンを変えることにより、遠視矯正をすることも可能です。乱視の場合も、眼鏡やコンタクトでの矯正が可能なレベルのものならば、レーシックでも十分矯正ができます。

 

ただ、レーシックでは、矯正が可能である乱視・遠視の適応範囲があります。遠視は、5D位まで、乱視の場合は6D位が目安となります。しかし、それだけでは治療の可否が決められないので、医院や、クリニックで、一度、きちんと医師の診察を受けてみることをおすすめします。