遠視の治療とレーシック

遠視の治療とレーシック

レーシックという治療を受けることで、遠視を治療することも可能です。日本での遠視にかかっている人の人口は、近視にかかっている人の人口に比べて少ないのが現状です。そのため、遠視をレーシックにより治療する人は、あまり多くありませんでした。しかし、近年、海外における遠視レーシック施術の有効性が、徐々に報告されるようになり、遠視治療に対する期待は非常に高まってきています。

 

では、角膜を削り、視力の矯正をするレーシックで遠視の治療が、なぜ可能なのでしょうか。通常のレーシックの場合、角膜を平らに削ることによって、網膜の手前に結ばれてしまった像を後ろにずらし、視力の矯正を行っています。

 

それに対して、遠視レーシックでは、角膜周辺部分をドーナツ状に削ることによって、相対的に角膜中央部分がより盛り上がるような形にして、視力の矯正をします。遠視とは、網膜の奥に結像してしまうという症状なのですが、これにより、像が手前に写るので、視力が矯正されることになります。しかし、まだその矯正範囲は狭いもので、現在は、+3D〜+4D程度の遠視が限界だと言われている状況です。

 

レーシックは、コンタクトレンズや眼鏡を使用することなく、眼球自体の視力を回復させるという、画期的な施術法で、日本でも、最近は申し込み者が増加しています。レーシックという言葉は、何となく耳にしたことがあるという方は、たくさんいると思います。しかし、施術費用が高いこと、手術への不安が解消されにくいことから、日本でのレーシックの申し込みは少なく、まだまだ認知度はとても低い状況です。