遠視のレーシック治療

遠視のレーシック治療

レーシックの話題はよく耳にします。しかし、症例として、代表的な例のほとんどは、近視の場合の例です。レーシックは、老眼・遠視・乱視も矯正することが出来るのでしょうか。レーシックの症例で、近視のケースが多いのは、日本の場合、視力が悪いというのは、近視であると言われるのが一般的になっているからという事情があります。近視で行った人の割合の方が、老眼・遠視・乱視に比べ、圧倒的に多いのが、今上げた理由です。

 

レーシックで乱視や遠視を矯正するのは、もちろん可能です。しかし、老眼の場合だけは、レーシックにより治療することが出来ません。レーシックで老眼が治療出来ない理由として、老眼の場合、ピントを合わせるために、厚さが変わる水晶体が硬くなってしまうという老化現象に問題があり、レーシックは意味がないものになってしうということがあります。

 

レーシックは、近視の人のための視力矯正手術というイメージが非常に強いのですが、レーシックで使用している「エキシマレーザー」の照射のパターンを変えることにより、遠視を矯正することが可能になり、乱視についても、眼鏡やコンタクトで矯正が可能なものであればレーシックでも十分矯正することが出来るのです。

 

ただし、レーシックでは、矯正可能な乱視・遠視の適応の範囲があります。遠視の場合は、5D程度までで、乱視の場合6D程度が目安になります。しかし、その数字だけで治療が出来るかが決まるわけではないので、クリニックや医院などで、一度診察を受けた上で、医師にきちんと相談してみることをおすすめします。