遠視のレーシック手術

遠視のレーシック手術

レーシックの対象となる遠視の人というのは、意外と多いものです。遠視になる原因は、人によっていろいろあります。人間は、生まれた時、差はありますが、誰でも遠視なのです。これは、生まれてすぐの赤ちゃんは、眼球が小さくて、眼軸が短いためです。

 

普通は、発育していくにつれて、眼軸・レンズの屈折力が正常になっていきます。しかし、中には、強い遠視が残ってしまう幼児もいます。そして、弱視や内斜視の原因となってしまいます。このような場合、調節性内斜視の治療として、遠視レーシックの効果が出る場合があります。ただ、残念なことですが、幼児にはレーシックの施術を行うことは出来ません。

 

大人になってからも、内斜視が残っていて、コンタクトレンズで改善する人は、レーシックを考慮することが出来ます。軽めの遠視の場合でも、調節力が大きい若い世代では、視力が悪くなることはありません。

 

ところが、調節力が減退していく40代後半になっても遠視が残っていると、近くのピントを合わせることが出来なくなり、老眼を自覚するようになります。完全に調節力が無くなると、近くだけではなく、遠くを見る視力も低下してきます。

 

こういった場合、遠視レーシックの良い対象になります。若い頃は、力があるのが自慢だったけれど、周りよりも早く手元の眼鏡を必要とした思えば、50才を過ぎたあたりから、遠くの物が見えにくくなり、現在は遠くを見るのも近くを見るのも眼鏡のお世話になっているという方で、「眼鏡のレンズが分厚いので疲れる」、または、「仕事上なるべく眼鏡をはずしたい」と思われるのなら、遠視レーシックを、是非検討してみる価値があると思います。