遠視のレーシック治療

遠視のレーシック治療

遠視のレーシック手術

レーシックの対象となる遠視の人というのは、意外と多いものです。遠視になる原因は、人によっていろいろあります。人間は、生まれた時、差はありますが、誰でも遠視なのです。これは、生まれてすぐの赤ちゃんは、眼球が小さくて、眼軸が短いためです。普通は、発育していくにつれて、眼軸・レンズの屈折力が正常になっていきます。しかし、中には、強い遠視が残ってしまう幼児もいます。そして、弱視や内斜視の原因となってしまい...

続きを読む
遠視のレーシック治療

レーシックの話題はよく耳にします。しかし、症例として、代表的な例のほとんどは、近視の場合の例です。レーシックは、老眼・遠視・乱視も矯正することが出来るのでしょうか。レーシックの症例で、近視のケースが多いのは、日本の場合、視力が悪いというのは、近視であると言われるのが一般的になっているからという事情があります。近視で行った人の割合の方が、老眼・遠視・乱視に比べ、圧倒的に多いのが、今上げた理由です。レ...

続きを読む
遠視の治療とレーシック

レーシックという治療を受けることで、遠視を治療することも可能です。日本での遠視にかかっている人の人口は、近視にかかっている人の人口に比べて少ないのが現状です。そのため、遠視をレーシックにより治療する人は、あまり多くありませんでした。しかし、近年、海外における遠視レーシック施術の有効性が、徐々に報告されるようになり、遠視治療に対する期待は非常に高まってきています。では、角膜を削り、視力の矯正をするレ...

続きを読む
遠視の眼のレーシック

レーシックは、老眼・乱視・遠視には効果が無いものなのでしょうか。レーシックをはじめ、視力の矯正手術のほとんどは、近視を対象としたものが大部分です。では、老眼・乱視・遠視の場合は、どうなのでしょうか。日本人の場合、視力が悪いというのは、イコール近視ということが圧倒的に多く、レーシックについても、結果的に、近視のケースの症例が多くなってしまうのです。近視に比べると、乱視・老眼・遠視の人が圧倒的に少ない...

続きを読む
遠視の矯正

遠視の人の場合、眼の外から入ってきた光の線が、網膜よりも後ろに焦点を結んでしまうため、ぼやけて見えてしまいます。この場合、近くの物程、ぼやけて見えます。しかし、メガネやコンタクトレンズで眼の焦点位置を前へずらすことにより、はっきりと見る事が出来るようになります。遠視の場合、物を見る時、常に目でピントを合わせなければならないので、疲れやすくなります。程度が軽い遠視の場合には、無意識のうちにピント合わ...

続きを読む