遠視と眼精疲労

遠視と眼精疲労

人は、外から入ってくる情報の、約8割を目から入れています。最近では、パソコンの長時間の利用で、目を酷使したり、空調設備によって、空気が乾燥していたり、目にとっては、とても厳しい状況が続いています。姿勢、環境、食生活などの見直しをして、いつまでも健康な目を保つことが重要です。眼精疲労の原因は、全身の病気、精神的・肉体的過労などが主な原因となっています。つまり、それらによって、全身のバランスを失ってしまい、目にも体調不良の症状として、眼精疲労が現れてくるというわけです。

 

また、照明の具合や、見る物の動きや大きさなど、環境因子も大いに関係しています。普段読書をする場合、薄暗い場所で読書をすると、眼精疲労が起こりやすくなります。また、色では、グリーン系やイエロー系統の色が、目が疲れにくい色としてあげられていますが、その色の彩度と明度を一歩間違えてしまうと、かえって、逆効果になってしまうこともあるので、十分注意が必要です。

 

このように、色には、生理的な効果や、心理的な効果もあるので、色の調和・美しさなどといった要素も考えた方が良いでしょう。その他、目自体が原因となっている場合もあります。代表的なものでは遠視・近視・斜位などによるものや、乱視などの屈折異常です。この中では、乱視が、最も眼精疲労を招くことが多く、その次は、遠視、次に近視という順になっています。

 

遠視の人の場合、40代のあたりから、眼精疲労に悩まされてしまうことが多いようです。若い頃には、あまり眼精疲労などの症状を感じることは少な買ったという人も多いようです。