遠視と屈折異常

遠視と屈折異常

近視と同様、遠視は、屈折異常の1つです。近視は、近いものは見えやすく、遠い物が見えにくいという症状です。しかし、遠視は、遠くが見えやすく、近くの物が見えにくいという症状ではありません。遠視は、目の屈折力が弱いので、網膜上に正しくピントが結べない症状のことをいうのです。

 

若いうちには、目の屈折力が強いので、遠距離がよく見えます。しかし、年齢と共に、目の屈折力が衰えていき、まず近くが見えにくくなってきます。そして、遠視症状が悪化していくと、遠くの物も見えにくくなってきます。

 

遠視がひどくなると、ピントを合わせるのに、必要以上に調整をしなければならなくなります。そのため、非常に目が疲れやすくなり、頭痛や肩こりを伴う場合もあります。さらに、落ち着きが無い、我慢が出来ない、飽きっぽくなるなどの症状も出る場合があります。もし、上記のような症状が出てくると、眼の視力が良い場合でも、メガネをかけることが必要になります。

 

普通、遠視は、裸眼の時に視力が良いので、毎年学校などで行われる視力検査では、発見出来ないことが多いのです。遠視とは、実は、近視以上に面倒な症状と言えるのです。非常にやっかいな遠視ですが、幼児の遠視の場合は、特に気にする必要はありません。子供の目は、まだ成長過程の段階なので、眼球の長さも、まだ充分に伸びていない可能性があるからです。

 

遠視になってしまう原因は、遺伝の要素がとても強いです。もしも、遠視と思われる症状が出た場合は、早めに医師に相談するのが良いでしょう。