遠視の屈折補正

遠視の屈折補正

眼は、近くの物を見る時、網膜上にきちんと焦点を合わせるため、目の中にある筋肉を働かせて、水晶体の屈折を強くするという機能を持っています。このことを、調節力といいます。調節力は、子供の時に豊富に持っていて、その後は、年齢と共に、徐々に減少していくものです。正視の場合、遠くの物を見ているときには、ほとんど調節力働いておらず、近くの物を見る時だけに使っている力です。

 

遠視の人は、遠くの物を見ている時にも、調節力を働かせない状態では、網膜の後で焦点を結んでしまうので、本来、近くの物を見る時にしか使わない調整力を、自動的に働かせて、遠視を補正しようとします。これは、言ってみれば、いつでも目の筋肉を働かせている状態であるため、眼精疲労の原因になります。また、遠視の人の場合、頭痛、肩こり、光の眩しさを訴える方も多いです。

 

屈折補正とは、調節力を働かせていない状態で、遠くの方が明視出来る度数の凸レンズで行われます。一般的には、メガネやコンタクトを使用します。遠視の目は、長期間常に調節力を使用する状態にあったことが多く、調節することが癖になっています。そのため、調節力を使用しない状態になりにくいのです。そして、遠視が潜伏しやすいので、測定には注意が必要です。

 

調節力を働かせない状態にするのには、絶対に、強すぎる凸レンズをテストフレームに入れ装着し、視力が0.1位の近視の状態で、少し目を休めた後、測定する方法がとられています。毛様体筋の緊張が解けにくいので、雲霧法等で測定しても、検査をするたび、度数が大きく変わってしまい、遠視の度合が解りにくい場合には、処方する度数の手掛かりを得る手段とし、眼の中の筋肉をマヒさせる薬を使用して、他覚検査により度数を調べる方法もあります。