屈折異常の種類

屈折異常の種類

近視・遠視・乱視は、屈折異常と呼ばれます。一方、正常な状態の眼は、正視と呼ばれています。近視とは、屈折力が強すぎるために、網膜の手前でピントが合う状態です。そのため、近くは見えるのですが、遠くを見るときは、ぼやけてしまいます。遠視は、近視とは逆に、屈折力が弱すぎるため、網膜の後ろでピントが合う状態のことです。遠視の場合、近くを見るときも、遠くを見るときも、ぼやけて見えてしまいます。

 

ただし、意識的に眼の調整力を働かせていれば、遠くの方にピントをあわせることはできるので、遠くをはっきりと見ることは出来ます。しかし、遠くを見る際に、意識的に眼の調整力を働かせているので、目がとても疲れやすくなってしまいます。

 

乱視の場合は、角膜表面が球形ではなく、楕円形になっていたり、歪んでいることもあるので、屈折の度合いが異なってしまい、焦点が何所にも合わなくて、ぶれた状態で見えたりするので非常に目が疲れやすい状態だといえます。

 

近視・遠視・乱視で視力が低下すると、コンタクトレンズや眼鏡で矯正し、ピントを合わせることによって、物をハッキリと見ることが出来ます。しかし、コンタクトレンズや眼鏡でピントの矯正をしていても、老眼や環境の変化によって、ピントが合わなくなってきてしまうことがあります。

 

コンタクトレンズや眼鏡で矯正しながら、ピントを無理に合わせようとすると、余計な負担が眼にかかり、疲れ眼になりやすくなってしまいます。コンタクトレンズや眼鏡が目にあっていないと、目がとても疲れるので、1年に1回は検査をして、しっかり合ったコンタクトレンズや眼鏡を使用するようにしましょう。