遠視と近視の正しい知識

遠視と近視の正しい知識

近視と遠視とでは、どちらの方が良いのでしょうか。一般的に、遠視とは、眼がよくて、近視は眼が悪いというイメージを持っている人が、たくさんいると思います。しかし、実は逆なのです。近視も遠視も、屈折に異常があります。正常な眼の人のことは、正視と言います。正視の場合、普段は遠くに焦点があるので、近くの物を見る時に、調節力を働かせ、ピントを近くに近づけています。

 

近視の人の焦点は、遠くではなく、最初から近い場所にあります。どれくらい近くにあるのかは、近視の度合により違います。その焦点よりも近い所には、ピントが自由に合うのですが、反対に、焦点よりも遠い場所は、どんなに頑張ってもピントが合いません。そして、遠くの物をはっきりと見るには、メガネが必要になります。

 

これに対して、遠視の人の焦点は、実は何所にもないのです。理論上では、無限遠よりもさらにずっと遠くにあります。ピントを合わせる調節をすれば、遠くが見えます。そして、もっと頑張れば、近くの物も見えます。このように、遠視の場合、近くも遠くも一応は見えるのですが、いつも調整力を働かせていなければなりません。そのため、目が疲れやすいのです。

 

目が疲れた事により、頭痛や肩こりが起きることがよくあります。学校で、いつも落ち着きがない子供は、実は、遠視が落ち着きのない原因であることもよくあります。また、幼児の場合、遠視が原因で斜視や弱視になってしまうこともあります。以上のことより、遠視の場合、視力が良いときでも、絶対にメガネをかける必要があります。しかし、近視の場合では、その人にもよりますが、メガネはかけなくてもかけてもよいのです。