遠視と近視の症状

遠視と近視の症状

視力が2.0以上あれば、遠視であると思っている人、また、遠くはよく見えて、近くがぼやけて見えるという、近視と逆の見え方をする場合が遠視と思っている人はいると思います。しかし、実は、両方とも間違っています。

 

遠視とは、近くも遠くも、目のピントを合わせることのできない状態のことをいうのです。若い人で、軽い遠視であれば、目の調整する力もあり、遠くでも近くでも見えるでしょう。しかし、目は、いつでもピントを合わせるために、調整し続けているので、眼精疲労・肩こりになりやすいのです。

 

中度の遠視の場合は、遠くは見えても、近くの物を見ようとすると、ピントが合いません。強い遠視の場合では、近くも遠くもぼんやりしてしまい、よく見ることができません。そして、近くも遠くも、ぼんやりしか見えない遠視の場合は、近視の人以上に治療が大切です。

 

若い人は、十分目に力があるので、遠くの物を見るのが得意で、視力が良い目の場合が多いです。しかし、目の屈折力が衰えていくに連れて、まずは近くが見えにくくなり、その後、室内の距離も見えにくくなってしまいます。

 

近視の場合には、2つのタイプがあります。屈折性近視と軸性近視です。屈折性近視とは、角膜・水晶体の屈折力が強すぎるために起こり、軽い近視の人によくみられるタイプです。一方、軸性近視とは、角膜〜網膜の長さが長いために起こるもので、強度の近視の人によくみられるタイプです。どちらのタイプも、本来は、近くの方にピントが合っているため、遠くのものはぼやけて見えますが、近くを見る時には、それほど調節力は必要ありません。