遠視の種類

遠視の種類

遠視には、軸性遠視と屈折性遠視の2種類があります。しかし、屈折性遠視は、とても少ないので、今回は、軸性遠視についてご説明をします。遠視の人の場合、眼軸が短く、ピントを合わせるために、調節力を使って水晶体を厚くするので、遠くの方を見ていても、眼が疲れてしまいがちです。そして、近いところを見るには、さらに大きい調節力が必要なので、よりいっそう疲れます。

 

調節力がある年齢で、軽度の遠視の場合は、調節をすることにより、視力は良いため、検診などで行われる視力検査では、遠視を見つけることが難しくなります。

 

若い人や子供などは、調節力が強いため、軽度の遠視の場合は、眼鏡をかけなくても遠くの物はよく見えるし、疲れることもそれほどありません。しかし、中年になり、調節力が弱ってくると、ピントを網膜に結ぶことが難しくなってきます、そのため、ぼんやりと見えてしまいます。近くを見るときは、より見づらいため、早い年齢で老眼鏡が必要になります。

 

強度の遠視の場合は、調節してもよく見えないので、眼鏡を必要とします。幼児の場合は、見えない状態を放置してしまうと、視力が発達しないので、弱視になる可能性が高くなりますので、特に眼鏡が必要となります。

 

また、遠視が強い場合、調節にともなった輻輳のため、内斜視になってしまう場合があり、これを調節性内斜視といいます。若い年齢で、遠視が軽度の場合では、症状は無いですが、年を取るにつれ、あるいは、ある程度以上の遠視になった場合、いくつかの症状が出てくる場合があります。いつでも調節という努力をしているので、眼が疲れてしまっているというわけです。