遠視とは?

遠視とは?

遠視とは、網膜を通り越しピントを結んでしまう状態のことを言います。遠視は、遠くの物が良く見えて、近くの物がぼやけて見えるというのは、実は、間違いです。遠視の眼は、遠くの物も近くの物も、ぼやけて見えてしまうのです。5メートル以上も遠くの物を見ているとき、私たちの目は、水晶体の厚さを調整せずに見ています。しかし、このとき、遠視の眼は、網膜の後ろにピントが合ってしまうので、遠くがぼやけて見え、近くはもっとぼやけて見えてしまいます。

 

遠視が弱い場合は、水晶体を膨らませる調整を使ってピントを合わせることが出来るので、遠くがよく見えます。しかし、近くにピントを合わせるためには、遠くの物を見るときよりも、さらに、水晶体を膨らませなければいけないので、近くは見えづらくなってしまいます。

 

このように、遠視の眼は、いつでも「毛様体筋」を緊張させているので、「毛様体筋」にかかるストレスが大きくなります。軽い遠視の場合でも、やがては調整がうまくいかなくなり、どんどん進行します。そして、近くの物も遠くの物も見えにくくなります。

 

網膜の後ろでピントがあってしまう理由は、2つあります。1つは、水晶体の屈折力が弱いためです。これを、屈折性遠視といいます。もう1つは、近視とは逆に、眼軸が短いことです。屈折力が、普通の場合でも、角膜〜網膜までの長さが短いので、ピントが網膜の後ろに合ってしまう軸性遠視という先天的なものです。遠視はこの場合がほとんどです。

 

強い遠視の場合、遠くの物も近くの物も見えにくいため、それが、小さい子供なら、網膜にきちんとピントが合うというのがどういう物なのかを知らずに成長してしまい、脳へ、きちんとした映像が送られずに、映像の分析をしてくれる脳の働きが、育ちにくくなる場合があるのです。