遠視の基礎知識

遠視の基礎知識

遠視とは?

遠視とは、網膜を通り越しピントを結んでしまう状態のことを言います。遠視は、遠くの物が良く見えて、近くの物がぼやけて見えるというのは、実は、間違いです。遠視の眼は、遠くの物も近くの物も、ぼやけて見えてしまうのです。5メートル以上も遠くの物を見ているとき、私たちの目は、水晶体の厚さを調整せずに見ています。しかし、このとき、遠視の眼は、網膜の後ろにピントが合ってしまうので、遠くがぼやけて見え、近くはもっ...

続きを読む
遠視の種類

遠視には、軸性遠視と屈折性遠視の2種類があります。しかし、屈折性遠視は、とても少ないので、今回は、軸性遠視についてご説明をします。遠視の人の場合、眼軸が短く、ピントを合わせるために、調節力を使って水晶体を厚くするので、遠くの方を見ていても、眼が疲れてしまいがちです。そして、近いところを見るには、さらに大きい調節力が必要なので、よりいっそう疲れます。調節力がある年齢で、軽度の遠視の場合は、調節をする...

続きを読む
遠視と近視の症状

視力が2.0以上あれば、遠視であると思っている人、また、遠くはよく見えて、近くがぼやけて見えるという、近視と逆の見え方をする場合が遠視と思っている人はいると思います。しかし、実は、両方とも間違っています。遠視とは、近くも遠くも、目のピントを合わせることのできない状態のことをいうのです。若い人で、軽い遠視であれば、目の調整する力もあり、遠くでも近くでも見えるでしょう。しかし、目は、いつでもピントを合...

続きを読む
遠視と近視の正しい知識

近視と遠視とでは、どちらの方が良いのでしょうか。一般的に、遠視とは、眼がよくて、近視は眼が悪いというイメージを持っている人が、たくさんいると思います。しかし、実は逆なのです。近視も遠視も、屈折に異常があります。正常な眼の人のことは、正視と言います。正視の場合、普段は遠くに焦点があるので、近くの物を見る時に、調節力を働かせ、ピントを近くに近づけています。近視の人の焦点は、遠くではなく、最初から近い場...

続きを読む
屈折異常の種類

近視・遠視・乱視は、屈折異常と呼ばれます。一方、正常な状態の眼は、正視と呼ばれています。近視とは、屈折力が強すぎるために、網膜の手前でピントが合う状態です。そのため、近くは見えるのですが、遠くを見るときは、ぼやけてしまいます。遠視は、近視とは逆に、屈折力が弱すぎるため、網膜の後ろでピントが合う状態のことです。遠視の場合、近くを見るときも、遠くを見るときも、ぼやけて見えてしまいます。ただし、意識的に...

続きを読む