遠視 治療

近視と違って症状が誤解されがちな遠視の症状に迫ります。遠視のレーシック治療、子供と遠視、矯正の仕方など。
遠視を治療したい方へについて

遠視の正しい知識、ありますか?遠視と近視の正しい知識と、遠視の症状について徹底解説。気になるレーシック治療についての解説も。また、子供の成長と遠視、子供の遠視の対処法、幼児期の遠視と目の機能など、お子様の遠視が気になっている方向けに特に分かりやすく解説しています。さらに遠視と老眼の関係、違いなど、一般に誤解されやすい遠視の症状、知識について取り扱っています。遠視に関する正しい知識を見につけ、適切な処置を心がけましょう。

遠視でお悩みの方へ
あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な “視力回復の第一人者”川村博士が 「手術を一切しないで、簡単に視力を回復させる方法」を初公開!この方法は、数千人が実践し、簡単に視力が回復することが証明されています。
遠視を治療したい方へ 新着情報

遠視は、網膜を通り越してピントを結んでしまう状態のことを言います。遠視の場合だと遠くの物が良く見えて、近くの物がぼやけて見えるというのは、実は、間違いなのです。遠視の眼は、遠くの物も近くの物も、ぼやけて見えてしまうのです。5メートル以上も遠くの物を見ているときには、私たちの目は水晶体の厚さを調整しないで見ています。しかし、このとき、遠視の眼は網膜の後ろにピントが合ってしまいますので、遠くがぼやけて見えてしまい近くはもっとぼやけて見えてしまいます。

遠視が弱いときに合は、水晶体を膨らませる調整を使ってピントを合わせることが出来るため、遠くがよく見えます。しかし、近くにピントを合わせるために遠くの物を見るときよりも、さらに水晶体を膨らませなければいけないため近くは見えづらくなってしまいます。このようにして、遠視の眼は、いつでも「毛様体筋」を緊張させているため「毛様体筋」にかかるストレスが大きくなってしまいます。

軽い遠視の場合でも、やがては調整がうまくいかなくなってしまい、どんどん進行します。そして、近くの物も遠くの物も見えにくくなります。網膜の後ろでピントがあってしまう理由としては2つあります。1つは、水晶体の屈折力が弱いためです。これを、屈折性遠視とよんでいます。もう1つは、近視とは逆に眼軸が短いことです。屈折力が普通の場合でも、角膜~網膜までの長さが短いためピントが網膜の後ろに合ってしまう軸性遠視という先天的なものなのです。遠視はこの場合がほとんどの状態なのです。

遠視の子供についてですが、子供に遠視がもしも見つかった場合には、まず医師は眼鏡を処方します。小さな子に眼鏡をかけてもらうということはかわいそうなことですが、子供の遠視はメガネによる矯正が不可欠なのです。まずは、網膜に正しい光を送り込みます。その上で斜視・両眼視機能検査をおこない必要であれば斜視の外科的手術・視能訓練などを行います。

視能訓練とは、弱視を矯正するための立体視・融像などの両眼視機能の訓練です。視能訓練士という専門の資格を持った方が医師の管理の元、訓練を行っていきます。子供の遠視の場合には体が成長していくごとに眼球も大きくなりますので、ふつうは自然と弱くなっていきます。将来的に眼鏡を外すことの出来る時期が来るのも多いようです。

小さい子供に眼鏡を掛けさせるのはかわいそうだと思う親御さんの気持ちも分かりますが、子供の健全な視力のために絶対に必要なことなのです。また、マンガを読んではいけない、テレビゲームをしてはいけないというように目の健康を保つための注意などがありますが、遠視の場合ではそれほど気にすることではありません。

遠視の屈折補正についてご紹介します。眼は近くの物を見る時には、網膜上にきちんと焦点を合わせていきます。その為、目の中にある筋肉を働かせるのです。そして水晶体の屈折を強くするといった機能を持っています。そのことを調節力と呼んでいます。調節力は子供の時には豊富に持っています。そして年齢と共に徐々に減少していきます。

正視の場合には、遠くの物を見ているときにはほとんど調節力が働いていません。近くの物を見る時だけに使っています。遠視の人は遠くの物を見ている時であっても、調節力を働かせない状態では網膜の後で焦点を結んでしまいます。そのため、本来は近くの物を見る時にしか使わない調整力を自動的に働かせてしまい遠視を補正しようとしています。

これは、いつでも目の筋肉を働かせている状態なのです。そのため眼精疲労の原因になってしまいます。また、遠視の人の場合には頭痛や肩こり、そして光の眩しさを訴える場合が多いようです。屈折補正とは、調節力を働かせていない状態にして遠くの方が明視出来るように度数の凸レンズで行われてます。

一般的にはメガネやコンタクトを使いますが、遠視の目は長いあいだ常に調節力を使用する状態にありますので調節する事が癖になっていてしまい、調節力を使用しない状態になりづらいという特徴があります。そのため、遠視が潜伏しやすいため測定をするには注意が必要となります。調節力を働かせない状態にするためには、絶対に強すぎる凸レンズをテストフレームに入れて装着します。

そして、視力が0.1位の近視の状態にして少し目を休めたあとに測定するといった方法がとられています。毛様体筋の緊張が解けにくいため、雲霧法等で測定しても検査をおこなうたびに度数が大きく変わってしまって遠視の度合が解りにくいような場合には、処方する度数の手掛かりを得るために眼の中の筋肉をマヒさせる薬を使い他覚検査によって度数を調べるといった方法もあります。